沿革

昭和21年 太平工業㈱を創立
  東京都京橋区京橋(塚本ビル)に設立
昭和22年 組立式鉄筋コンクリート住宅の製作を開始
昭和24年 建設業法第八条により登録
昭和26年 本社を千代田区丸の内(丸ビル)に移転
昭和30年 鉄鋼第2次合理化計画による生産量増加に伴い、各製鉄所は付帯作業、整備作業を協力会社に任せるようになり、当社の作業量も増大
昭和32年 中部経済連合会から製鉄所誘致の立地調査を委嘱
昭和35年 東海製鐵の建設に参加
昭和36年 株式公開 東京証券取引所市場第二部に上場
昭和38年 上場株式 東京証券取引所市場第一部に指定替え
昭和43年 新日本製鐵㈱(現・新日鐵住金㈱)君津製鐵所の建設に参加
昭和44年 上場株式 東京証券取引所貸借銘柄に指定
昭和45年 新日本製鐵㈱(現・新日鐵住金㈱)大分製鐵所の建設に参加
昭和47年 本社を東京都千代田区大手町(日本ビル)に移転
昭和48年 宅地建物取引業法により、建設大臣免許(1)第1460号の免許を取得
昭和49年 建設業法の改正により、建設大臣許可(特-49)第4903号の免許を取得
昭和60年 当社と大洋製鋼共同開発のT・Tビルを発表
昭和61年 大分支店が高圧ガス取締法の通産大臣認定事業所となる
平成3年 1995年満期米貨建新株引受権付社債(1億米ドル)を発行
平成3年 「スラット多条連続塗装プラント」の開発で第26回機械振興協会賞受賞
平成5年 第1回無担保転換社債(120億円)発行
平成6年 築炉ロボットシステム実用化に成功
平成6年 本社を東京都中央区新川(I・Sリバーサイドビル)に移転
平成9年 八幡支店がリサイクル推進功労者表彰で建設大臣賞を受賞
平成9年 タイ国に新事業会社「Siam Taihei Engineering Co., Ltd.」を設立
平成14年 段谷産業㈱のパーティクルボード事業を承継
平成15年 トヨタ自動車より、ハイドロフォーム成形機で技術優秀賞
平成21年 本社を千代田区丸の内(三菱ビル)に移転
平成24年 北都電機㈱が展開する電気計装及び制御システムに関する事業の一部を会社分割により当社へ事業承継
平成25年 ㈱日鉄エレックスと経営統合し、商号を日鉄住金テックスエンジ㈱に変更
平成26年 タイ国に新事業会社「NS-TEXENG AMEC CO., LTD.」を設立
平成26年 日鉄住金プラント㈱、ニッテツ北海道制御システム㈱、ニッテツ室蘭エンジニアリング㈱、ニッテツ八幡エンジニアリング㈱、㈱N・TEC大分および日鉄住金直江津メンテナンス㈱と経営統合し、また、日鉄住金関西工業㈱の製鉄業向け設備エンジニアリング・保全事業を承継
平成27年 株式交換契約による新日鐵住金㈱100%出資の完全子会社化