技術を支える人。人を支える人材育成環境

日鉄住金テックスエンジの財産は、「人」と「技術」です。企業の生産活動を支えるエンジニアリングでは、一人ひとりが技術や経験値を高めることはもちろん、自律性や協調性を蓄えていくことがとても大切なのです。 テックスエンジは、成長への意志を持った人材が多くの学びのチャンスに出合える人材育成環境の整備に注力しています。現場でのOJTによって経験を蓄え、集合研修では多彩な知見を養い、それを現場に持ち帰ることで仲間と刺激し合う。そうした学びのサイクルのなかで、エンジニアとしての高みを目指すことができるのです。

全体の流れを知ることができる

新人研修では、社会人としてのマナー研修をはじめとした座学に加え、現場でのOJTもじっくり経験してもらいます。技術的な部分はもちろんですが、仕事のスピード感や各技術者の連携など、全体を俯瞰してみることができるので、仕事の流れを掴むことができます。

入社後1年間は先輩が
マンツーマンでしっかり教育

新しい環境へ飛び込んでくる皆さんは、技術的なことはもちろん、社内での人間関係やプライベートな部分まで戸惑うことが多いと思います。そこで、入社後1年間は先輩とマンツーマンでタッグを組んでもらいます。さまざまな教育に加え、良き相談相手になってくれます。

女性技術者がキャリアを
創造できる環境を整備

当社では、多くの女性技術者が結婚や育児などのライフイベントを充実させつつ、職業人としてのキャリアを創造していくために、社員の声を集めながら環境の整備を進めています。女性が、安心してキャリア形成に積極的なチャレンジをしていける、そんな環境をご用意しています。

充実した福利厚生制度で
オフタイムのリフレッシュ

各拠点では、野球やフットサルなど各種クラブ活動が盛んに行われ、多くの社員が気軽なリフレッシュの機会として利用しています。また、会員制のリゾートホテルなどの福利厚生サービスを利用することができ、自由に家族や友人との余暇を楽しみ、オフタイムを充実させています。

このページの先頭へ