INTERVIEW

機械事業本部 君津機械センター
機械エンジニア

Kousuke Kondo

近藤 浩介

工学部 機械工学科卒
1994年入社

君津機械センターは、新日鐵住金㈱君津製鉄所構内の製鉄機械全般の整備(メンテナンス)や既設設備の改造・撤去および、新設設備の据付などを行う部署です。そのなかで私は、既設設備の改造・撤去および、新設設備据付などを担当しています。製鉄機械は、高温・粉塵などハードな稼働環境で、しかも365日・24時間停止することが許されないハードルの高い領域です。そのため、「製鉄ができれば他のどのような分野でもできる」と評されることもあります。

「人から学ぶ仕事」ができる面白さ

エンジニアリングは、何もないところから、ユーザーの要望に応じて新しいモノをつくり出していくこと。機械というと無機質な印象がありますが、使うのも、つくるのも人。お客様にはお客様の論理があり、仕事を依頼する職人さんには職人さんの論理がある。その間で、双方の論理を理解しながら、モノづくりをしていくのは大変ではありますが、そうした人を介した「人から学ぶ仕事」ができる面白さがあります。また、社内の他部署との連携などを通じて、自分とは異なる技術領域の知識やスキルなど、プラントのすべてを社内で完結できる当社だからこそ得ることも多い。人から学ぶことの多い仕事だと思います。

私のターニングポイント

以前と同様の工事を行う際に、重機の手配を「前回と一緒」という頼み方をしました。しかし担当者の思い違いからまったく違う重機が搬入され、結果、納期が遅れるミス。準備段階でのチェックの大切さを学び、それが成長のきっかけになりました。

日進月歩のエンジニアリングの世界でも、最先端に位置する会社です。常に新しい素材や機器、道具、工法などを活用するチャンスがあり、新しいものを積極的に取り入れていきたいというチャレンジ・スピリットを持った人には特に魅力的だと思います。

Other Future

このページの先頭へ