電気・計装

産業プラント建設プロジェクトにおいて、機械部門と共に「つくる」プロセスを担当するのが、電気・計装部門です。機械を骨格とするならば、電気・計装は神経ともいうべき重要な部分。エネルギーとしての電力供給を担うことはもちろん、機械・整備、取り扱う素材の状態を測定し、制御装置や測定装置など、電気コントロールに関わる一式すべてを提供しています。当社の電気・計装部門は、新日鐵住金グループのなかで最大の電気・計装エンジニア集団。製鉄プラントのハードな条件下でも稼働し続ける装置を構築してきた技術力とノウハウを基盤に、IT技術力、施工力、動員力、提案力、および海外対応力といった強みを活かすと同時に、プラントエンジニアリング・機械・システム・生産・建設・土木など、プラント建設に必要なすべてを自社内で有することで生まれる複合エンジニアリングを、より広範な産業分野のプラントで展開しています。

主な事業

  • 電源系統・駆動方式検討
  • 制御設備機能設計
  • 既設調査・図面化
  • 試運転計画・実行
  • 工事計画立案・詳細設計・施工・管理

INTERVIEW

「複合力」を武器にユーザーの要望に応える

電計事業本部

嶋谷 正孝

このページの先頭へ